読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Girls be ambitious

たまにふと考えたことを忘れないために

「MEMENTO MORI 」〜死を記憶しろ、いつか自分が死ぬことを忘れるな〜

お久しぶりです。

さて、タイトルみて

 

・・・なんだ???

 

って思ったと思うんですけど
3/5に友人(何て言えばいいんだ?笑)の
舞台を見に行ったんです。

f:id:mrnlife:20160307184544j:plain


その舞台のタイトルが
MEMENTO MORI
で、ラテン語
"死を記憶しろ、
自分がいつか死ぬことを忘れるな"
というメッセージになってます。


完全自主プロデュースの舞台で、
あらすじすら流してないものだったので
観に行くまで全くどんな内容なのかも
わからなかったんですけど、
はじまってすぐに引き込まれました。

 

 

あらすじは
お互い接点のない7人の少年が突然ある空間に閉じ込められ、

お前らは生きる価値がない。と言われ、武器を渡され

生きる価値を与えられるが

それは、国会議事堂を3ヶ月以内に爆破せよ、

3ヶ月以内に決行出来なければ頭に埋め込まれている爆弾により死に、

3ヶ月以内に抜け出そうとしても死ぬという設定です。
それで7人の少年は最初はバラバラだったけど

皆その国会議事堂爆破に向けてひとつになり奮闘する。
その7人のうちの1人が二重人格をかかえており

その二重人格のうちの1人が工藤という名前なのだが、

その工藤がこの行程やシチュエーションを作り出し、すべて実行した犯人であった。それに気づいたもう1人の自分は、他の6人皆が死んでいるのを見て

自分がしたことに恐れ、ただ信じることが出来ず

自分の頭を自分で撃ち抜くも死ねなかった。

というのがあらすじなのだが文章にするとわけわからないと思います。(笑)
私の文章力が足りない(笑)

 

 


まあ、あらすじ見てもらえれば若干
わかると思うんですが、
内容は結構重いというか深いというか
生とは。死とは。というところを
考えさせられました。
ただ、哲学的思考が多くて展開も早くて
だいぶ話についていくのに必死でした笑


ちょっとセリフ違うかも
なんですけど、

 

自分で考えて行動しろ
それが出来ないのであれば
耳を塞ぎ、目を伏せ、口を閉じて

孤独に生きろ

 


っていう部分があってなぜか
すごく心に響いて残りました。


生きる価値とか、正義と悪は紙一重だとかなかなか内容が詰まっていて終わった時に2時間くらい経ってるかなー?と思いきや1時間しか経ってなくてびっくりしたほどです。


毎日明日自分は死ぬかもしれないとかいつ死ぬかわからないと

か考えながら生きている人は少ないと思います。

むしろ死から目を背けて生きている人の方が多いと思います。
でもこの舞台をみてもっと毎日ちゃんとしっかり生きようと思いました。
やはり毎日死を考えながら生活することは難しい。
だから毎日しっかり生きようっていうことです。

 

たまに何もせずただ携帯をいじって終わる日とかあるんですけど

そういう日をいかに少なくできるか。
いかに毎日有意義に生きれるか。
もっと生きていることに感謝できる人間になりたいと思えました。
これは当たり前のことだと思うんですけど結構難しいし意識することはあまりないので舞台を観に行けてよかったなと思いました。

 

 


久々にけんちゃんにも会えて
うれしかったです\(^o^)/笑
けんぱに!!!しか会話してないけど笑


ksk i love you !!
お疲れ様!

 

 


ではまた👋